ミニマリスト。持たずに生きる・・・姑と舅、ときどき小姑

ミニマリストの私。捨てるの大好きですっ! でも、長男の家に嫁入りして、14年、自分でもよくやってきてると思うわ。舅、姑、子どもが3人、時々小姑。これだけいれば、問題無い日はありません!!

修学旅行のお知らせが、こんなに悲しいとは

中学3年生というと恒例のお楽しみは「修学旅行」ですね。

 

私の地方では、東京に2泊3日でいきます。

授業の一環という位置づけを強調するためか、「東京研修」と呼ばれます。

 

最近では、朝晩、子供の無事を知らせるために、様子が伝えられる。

 

国会議事堂に行きました・・・

シルクドソレイユを見て感動しています・・・

ディズニーランド、雨も降らず楽しめました・・・

 

普通に学校に行けて、普通に修学旅行行ける。

そんな子供がうらやましい。

 

息子は、夜通しゲームをして、昼は寝ている。

普通の中学3年生が味わう、修学旅行の楽しみも体験しない。

自らの意志だから、それもいいのか?

 

明日は、最終日なので、夕方にはバスの近づく様子がメールで送られて来る。

荷物が多いからお迎えに行くため。

 

長女の時には、面倒に思ったお迎え。

今年は行かなくてもいい。

 

同じメールでも、受け取る親によっては、こんな寂しさを感じるのだと知る。

痛みを知ることができるのを幸福と思うしか、ない。