読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト。持たずに生きる・・・姑と舅、ときどき小姑

ミニマリストの私。捨てるの大好きですっ! でも、長男の家に嫁入りして、14年、自分でもよくやってきてると思うわ。舅、姑、子どもが3人、時々小姑。これだけいれば、問題無い日はありません!!

妖怪じじぃだよ

今日帰ったら、舅が見るに堪えない顔になっていました。

15ラウンドを戦い切ったボクサーみたい。

 

額から頬、特に目の周りが腫れ上がり、
まぶたが垂れて目を塞いでしまっています。

さながら、妖怪に変化してしまった感じ。

でも、本人は、至って平然としています。


姑さんに、
「なんか、人相かわっちゃったね」
と聞いたら、

「ちょっと風邪気味で、風邪薬と一緒にお酒を飲んだら、
最初は頭のほうが腫れて、今日は移動して目が腫れっちゃったんだよね~
それでも、ガンコで医者には行かない」

 

二人で、
「あほやね~」
と。


この手の話は、実は昔にもあって、
春先か、夏か、ちょっと暖かい時期に、

「布団の中がモゾモゾする。何か虫でもいるみたいや」

といって、胸から背中にかけて、体に直接殺虫スプレーを噴射した。

そしたら、次の日、かぶれてしまい、大変なことに。

 

なんか、薬関係では、トラブルが多いね。

それも、初歩的な。

でも、絶対病院には行かないんだな~

これだから、昭和初期の人は、理解できない。

 

顔の写真を掲載できないのが、残念だったりする・・・(ごめんなさい)