読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト。持たずに生きる・・・姑と舅、ときどき小姑

ミニマリストの私。捨てるの大好きですっ! でも、長男の家に嫁入りして、14年、自分でもよくやってきてると思うわ。舅、姑、子どもが3人、時々小姑。これだけいれば、問題無い日はありません!!

姑は、肝っ玉ばあちゃん

隣の妖怪ババアに対抗できるのが、我が家の姑、肝っ玉ばあちゃんだ。

 

私たち夫婦は共働きのため、朝晩の炊事や、夏休み中の子供の世話など、

なにからなにまでお世話になっている。

80才なのに、朝5時から、夜は22時ぐらいまで本当にありがたい。

 

ばあちゃんの元気さは、耳の遠いことと関係はないとはいえないだろうけれど、

声が、とくに電話で話す声は近所に響き渡る。

 

クシャミの時の全力の

「ヘッヒョ~イ!」

 

放屁のときには、

「えっ~い!」

 

声を出したほうが気持ちがいいから、という。

まあ、気持ちはわからなくはないが、下品だ。

 

となりの妖怪ババアとも、平気で話せるのもすごい。

 

それから、ばあちゃんの得意技は
「忘れとった」

 

夕食が終わった後、鍋やフライパン、あるいはレンジに作った料理が発見される。

「ああ、それ出すの忘れとった。わっはっは」

 

f:id:wonder1ace:20150822144209j:plain

作った料理の1品を、出し忘れる。

そして笑ってごまかす・・・

 

すごいぜ、ばあちゃん。

 


人気ブログランキングに参加中です。クリック、よろしくお願いしますm(_ _)m