ミニマリスト。持たずに生きる・・・姑と舅、ときどき小姑

ミニマリストの私。捨てるの大好きですっ! でも、長男の家に嫁入りして、14年、自分でもよくやってきてると思うわ。舅、姑、子どもが3人、時々小姑。これだけいれば、問題無い日はありません!!

腐れジジイ

ここで、隣の猫に引っかかれて激怒した舅の話をしておこう。

 

戸籍上、本当に「舅」といえるかはわかりません。

義父は、主人の生みの親ではあるけれど、

戸籍上は主人の父親ではないのです。

 

商売をやめた時の借金を、義母が負わなくてもいいように、

という理由で、形式上離婚した、という建前でしたが、

その後、外に女を作って籍を入れてしまっているのです。

 

「今さら、ゴタゴタしたくない」

という理由で、籍を戻してくれません。

 

平日だけ、我が家にいて、

土日は、その女の家にゆくという生活をしています。

 

向こうの女の家は、どうやら居心地が悪い、といいます。

なんでそんな女と離婚しないのか、と不思議でならない。

男とは、本当に不思議な生き物だ。

 

家に少しは食費を入れろ、といっても、酒代の3000円を月にいれるだけ。

そのくせ、テレビは観る、パソコンは使う。

まあ、その程度はいいとして、年の半分は電気毛布を使って昼寝までする。

男なのに、極度の冷え性なのだ。

舅の入った後のお風呂は、熱くて入れない。

 

居候なのだから、もうちょっとしおらしくすればいいのに、

いつも、むっつり厳しい顔をして、孫には口うるさくご指導なさる。

 

書きたいことはまだまだあるけれど、今日はここまで。

 f:id:wonder1ace:20150821011125j:image

 

でも、お年寄りは大切にしよう。

 


人気ブログランキングに参加中です。クリック、よろしくお願いしますm(_ _)m