ミニマリスト。持たずに生きる・・・姑と舅、ときどき小姑

ミニマリストの私。捨てるの大好きですっ! でも、長男の家に嫁入りして、14年、自分でもよくやってきてると思うわ。舅、姑、子どもが3人、時々小姑。これだけいれば、問題無い日はありません!!

怪しい隣人

 猫の話に入る前に、隣の怪しい様子を書いておきます。

東の家のIさんは、父・母・長男の3人暮らしです。

 父、50代半ば過ぎ。

 母、同じくらい(50半ば)。

 長男、20代半ば。

 

 5年位前までは、奥さん(母)は、まだまともでした。

普通に近所の付き合いもしたし、もらった野菜を分けてあげたり、と

日常の会話もできました。

 ところが、5年ほど前から、精神的におかしくなってきました。

 長男が、20代半ばなのですが、定まった仕事につかず、

現在、いわゆる「ニート」です。

 

 5年位前には、福祉関係の仕事をやっていたようですが、続きません。

その頃「できっちゃった婚」のような感じで、女ができたのですが、

同居を嫌がり、女と子どものために、二人のアパートまで

毎日食事を作りに通っていた時期もありました。

 

 この長男の運転がひどく荒く、何度も車をぶつけていましたが、

ついに自損事故を隠すため、山の中に車を乗り捨てました。

ナンバーから、持ち主が分かることさえ分からないほど

知能が低いのかと思いますが、警察に引っ張られたと思われます。

2ヶ月ほど、おやじさんしか隣家に戻らない期間がありました。

 

 あまりの苦しみからか、奥さんは気がふれてしまったようです。

f:id:wonder1ace:20150819234937j:image

見た目も「妖怪砂かけババア」のように白髪になり、

恐ろしい形相になり、罵声が絶えないようになりました。

それまで、たばこを吸わなかったおばさんが、

オヤジや息子と同様、たばこを吸うようになりました。

 

その「タバコ」が、本当にタバコなのか、あやしい。

危険ドラッグではないか、と噂も聞こえてくるようになりました。

 

そんなとき、世にも恐ろしい出来事が起きたのです。

 


人気ブログランキングに参加中です。クリック、よろしくお願いしますm(_ _)m